唐樒(トウシキミ)

トウシキミ070512a-l.jpg

唐樒(トウシキミ)はシキミ科シキミ属(イリキウム属)の常緑高木である。
分類体系によっては(APGIII)マツブサ科とされる。
イリキウム属は東アジアや北アメリカに40種くらいが分布する。
日本にも樒(シキミ)などが分布し、属名の和名をシキミ属という。
本種の原産地は、中国の広西チワン族自治区やベトナムの北部である。
また、中国の南部やベトナム、インドなどで商品栽培されている。
別名を、大茴香(ダイウイキョウ)や八角(ハッカク)という。
英名はスターアニス(star anise)である。
古くから中華料理の香辛料として用いられてきた。
また、生薬名を大茴香(だいういきょう)といい、健胃薬、鎮痛薬としても利用される。
最近では、インフルエンザの治療薬タミフルの原料として脚光を浴びている。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は3月から5月で、秋にも花を咲かせる。
花は球形の両性花である。
花の色は黄白色、赤、濃い紅色などがある。
花の後にできる実は袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)で、6個から8個が放射状につく集合果である。
実の形が有毒な樒(シキミ)と紛らわしいため誤食事故が起きている。
属名の Illicium はラテン語の「illicio(誘惑する)」からきている。植物体に芳香があることから名づけられた。
種小名の verum は「純正の」という意味である。
写真は5月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Illicium verum

★なるほどねこれがいわゆる唐樒
 欠かせぬ味を中華に添えて

トウシキミ070512b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2015年5月17日 12:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「スティリディウム・グラミニフォリウム」です。

次のブログ記事は「栂酸塊(トガスグリ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7