ベゴニア・シュミッティアナ

ベゴニア・シュミッティアナ140725a-l.jpg

ベゴニア・シュミッティアナはシュウカイドウ科シュウカイドウ属(ベゴニア属)の多年草である。
ベゴニア属は世界に2000種くらいが分布する。
日本にも中国原産だが野生化した秋海棠(シュウカイドウ)が生育するので、属名の和名をシュウカイドウ属という。
本種の原産地はブラジルで、1878年に発見された。
種小名の読み方はシュミティアーナとするものもある。
YListでは和名を姫ベゴニア(ヒメベゴニア)としている。
木立性ベゴニアといわれるものの1つである。
茎が木質化して立ち上がる性質がある。
四季咲きベゴニア(シキザキベゴニア:Begonia semperflorens)の交配親の1つである。
草丈は20センチくらいで矮性種ある。
茎も葉も短い毛で覆われている。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の色は艶のある濃い緑色で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、葉脈部がくぼんでいる。
葉の裏面は紅紫色を帯びる。
開花時期はほぼ周年である。
葉の脇に白い小さな花をたくさんつける。
花の色はピンクを帯びるものもある。
花被片は4枚である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Begonia はフランス人でフランス領アンティル諸島の総督だった「ベゴン(Michel Begon, 1638-1710)さん」の名からきている。ベゴニアの仲間数種をヨーロッパに紹介した。
種小名の schmidtiana はドイツ人の苗木職人「シュミット(Ernst Schmidt, 1834-1902)さんの」という意味である。
写真は7月に北大植物園で撮った。
学名:Begonia schmidtiana

★この花は園芸品種のもとなんだ
 うなずきながら花を観察

ベゴニア・シュミッティアナ140725b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このブログ記事について

このページは、が2014年8月10日 16:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンスリウム・ベイケリ」です。

次のブログ記事は「ネペンテス・アラタ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7