大葉風藤葛(タイヨウフウトウカズラ)

タイヨウフウトウカズラ090808b-l.jpg

大葉風藤葛(タイヨウフウトウカズラ)はコショウ科コショウ属の常緑多年草である。
小笠原諸島の固有種である。
母島にある石門山の石灰岩地域に生育する。
特徴は、近縁種の風藤葛(フウトウカズラ)が蔓性であるのに対し、本種は直立性であることである。
環境省のレッドリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は1メートルから2メートルである。
葉は卵円形で直径が20センチくらいあり、互い違いに生える(互生)。
開花時期は7月くらいである。
雌雄異株である。
葉の脇に穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、小さな花をたくさんつける。
属名の Piper は古いラテン語の「piper(コショウ)」からきている。
種小名の postelsianum はコンブ科の属名に Postelsia というのがあるが、それと関連するのかあるいは人名由来なのかはっきりしない。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Piper postelsianum

★この名前どこでどなたがつけたのか
 タイヨウと読む不思議感じて

タイヨウフウトウカズラ090808a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2014年2月15日 17:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「胡椒(コショウ)」です。

次のブログ記事は「ストレプトカルプス・カウレスケンス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7