銀泥(ギンドロ)

ギンドロ100618a-l.jpg

銀泥(ギンドロ)はヤナギ科ハコヤナギ属の落葉高木である。
別名を、裏白箱柳(ウラジロハコヤナギ)という。
ポプラの仲間である。
原産地はヨーロッパの中南部、モロッコ、中央アジアなどである。

日本へは明治時代の中期に渡来し、街路樹や公園樹とされている。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
雌雄異株である。
樹皮は灰白色で、深い割れ目が入る。
葉は卵円形で手のひら状に3つから5つに裂ける。
葉の裏面には白い毛がたくさん生えていて白っぽく見える。
開花時期は3月から4月である。
葉の脇から淡い緑色をした尾状花序を垂れ下げる。
果実は尾状のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、5月から6月ころに白い綿毛のついた種子をまき散らす。
近縁種の泥の木(ドロノキ)は葉が裂けない。
属名の Populus はラテン語の古名からきている。諸説があるが語源ははっきりしていない。
種小名の alba は「白い」という意味である。
写真は6月に旭山動物園で撮った。
学名:Populus alba

★白っぽくとても変わった姿だよ
 街路にあればこれは目立つね

ギンドロ100618c-l.jpg

ギンドロ100618b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年12月 7日 13:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ゆすら椰子(ユスラヤシ)」です。

次のブログ記事は「黄楊(ツゲ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7