薄の木(ススキノキ)

ススキノキ130116a-l.jpg

薄の木(ススキノキ)はユリ科ススキノキ属の常緑低木である。
分類体系によってはススキノキ科に分類される。
ススキノキ科はAPG IIIの分類体系でツルボラン科やキスゲ科も含められるようになって注目されている。
本種の原産地はオーストラリアの南西部である。
樹高は1メートルから2メートルである。
成長は非常に遅い。
葉は銀白色で細長く、長さは1メートルにもなる。
開花するのは数年に一度である。
茎先に長い穂状の花序を出し、黄白色の花を咲かせる。
属名の Xanthorrhoea はギリシャ語の「xanthos(黄色い)+rheo (流れ)」からきている。
種小名の preissii はオーストラリアに住んだドイツ人の博物学者「プレイス(Ludwig Preiss, 1811-1883)さんの」という意味である。
写真は1月に新宿御苑で撮った。
学名:Xanthorrhoea preissii

★滅多には花を咲かせぬ木だという
 いろいろあるね不思議の世界

ススキノキ130116b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年9月27日 09:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浜菱(ハマビシ)」です。

次のブログ記事は「紅ラタン椰子(ベニラタンヤシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7