ハオルチア・トルンカタ

ハオルチア・トルンカ090927a-l.jpg

ハオルチア・トルンカタはユリ科ハオルチア属の常緑多年草である。
分類体系によってはアロエ科とされる。
属名の読み方には「ハワーシア」、「ハオルシア」などがある。
南アフリカの西ケープ州に分布する多肉植物である。
園芸名を玉扇(タマオウギ)という。
草丈は20センチくらいである。
多肉質の葉が扇形に生える。
開花時期は春から夏である。
花茎を伸ばし、小さな筒状の花をつける。
花の色は白く、淡い緑色のストライブが入る。
属名の Haworthia はイギリス人の植物学者「ハワース(Adrian Hardy Haworth, 1768-1833)さん」の名からきている。
種小名の truncata は「切られた形の」という意味である。
写真は9月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Haworthia truncata

★花茎を伸ばし花咲く玉扇
 ピント合わせのむずかしい花

ハオルチア・トルンカ090927c-l.jpg

ハオルチア・トルンカ090927b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年9月20日 12:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「真竹(マダケ)」です。

次のブログ記事は「櫟(クヌギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7