烏山椒(カラスザンショウ)

カラスザンショウ090905a-l.jpg

烏山椒(カラスザンショウ)はミカン科サンショウ属の落葉高木である。
本州から沖縄にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、フィリピンなどにも分布する。
和名の由来は、山椒の仲間でカラスが種子を食べることからきている。
樹高は6メートルから15メートルくらいである。
樹皮は灰褐色である。
枝には鋭い棘がある。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は細長い楕円形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉には油点があり、揉むとバニラの香りがする。
雌雄異株である。
開花時期は7月から8月である。
花の色は淡い緑色で、あまり目立たない。
果期11月から1月で、さく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)が赤く熟する。
種子の色は黒い。
野鳥が好んで食べるが食用にはならない。
属名の Zanthoxylum はギリシャ語の「Zantho(黄色い)+xilon(木質)」からきている。この属の植物が黄色染料として使われることから名づけられた。
種小名の ailanthoides は「ニガキ科ニワウルシ属(Ailanthus)に似た」という意味である。
写真は9月に氷見市海浜植物園で撮った。
学名:Zanthoxylum ailanthoides

★いぼいぼの姿がとぱっと目につくよ
 背が高いので上手く撮れぬが

カラスザンショウ090905b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年9月14日 10:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬梅擬き(イヌウメモドキ)」です。

次のブログ記事は「ムルダニア・シンプレクス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7