犬梅擬き(イヌウメモドキ)

イヌウメモドキ051029a-l.jpg

犬梅擬き(イヌウメモドキ)はモチノキ科モチノキ属の落葉低木である。
日本固有種である。
本州から九州にかけて分布し、山地の湿地に生える。
本種は西日本に多い。
分類上は梅擬き(ウメモドキ)の品種の1つとされている。
特徴は枝葉に毛がないことである。
基本種と区別をしない見解もある。
樹高は2メートルから3メートルである。
枝は細く、よく枝分かれをする。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には小さな尖ったぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6月から7月である。
雌雄異株である。
葉の脇に淡い紫色の小さな花をつける。
花弁数は4枚である。
雄花には4本の雄しべがある。
雌花には雌しべと一緒に小さな雄しべが4本ある。
花の後にできる実は球形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋には真っ赤に熟する。
属名の Ilex はラテン語の「ilex(セイヨウヒイラギ)」からきている。
種小名の serrata は「鋸歯のある」という意味である。
品種名の argutidens は「鋭く尖った鋸歯の」という意味である。
写真は10月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Ilex serrata f. argutidens

★陽光を浴びて輝く小さな実
 犬と言うけど違いはどこに

イヌウメモドキ051029b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年9月13日 15:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「犬山椒(イヌザンショウ)」です。

次のブログ記事は「烏山椒(カラスザンショウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7