針桐(ハリギリ)

ハリギリ090928a-l.jpg

針桐(ハリギリ)はウコギ科ハリギリ属の落葉高木である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地に生える。
海外では、朝鮮半島、中国、サハリン、シベリアなどにも分布する。
わが国では特に北海道と東北地方に多い。
幹は直立し、樹高は20メートルから25メートルになる。
幹の直径は1メートルになり、樹皮は黒褐色で不規則に裂ける。
枝には太く鋭い刺がある。
葉は手のひら状に5つから9つに裂け、縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の柄は長く、枝先に集まってつく。
開花時期は7月から8月である。
枝先に球形の散形花序(茎先からたくさん枝が出て、その先に1個つずつ花がつく花序)を出し、淡い黄色の小さな花をたくさんつける。
花の後にできる実は液果(果皮が肉質で液汁が多い実)で、10月ころに黒紫色に熟する。
新芽は、春の山菜として食用にされる。
材は加工しやすく、建具、家具、器具、楽器、彫刻などに用いられる。
和名の由来は、材が桐(キリ)に似て加工しやすく枝に棘があることからきている。
別名を栓の木(センノキ)という。
属名の Kalopanax はギリシャ語の「kalos(美しい)+Panax(ウコギ科ニンジン属)」からきている。葉の切れ込みが整っていることから名づけられた。
種小名の septemlobus は「7つに裂けた」という意味である。
写真は9月に京都府立植物園で撮った。
学名:Kalopanax septemlobus

★すっと立つ針桐の木は開拓の
 歩みをじっと見つめ続けて

ハリギリ090928b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年9月11日 10:26に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大房藻(オオフサモ)」です。

次のブログ記事は「球蕗(タマブキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7