寒枯藺(カンガレイ)

カンガレイ080813b-l.jpg

寒枯藺(カンガレイ)はカヤツリグサ科ホタルイ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、河川や沼、溜め池などに生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、フィリピン、インドネシア、マレーシア、インドなどにも分布する。
草丈は50センチから100センチくらいである。
茎は三角形で、地下茎を伸ばして1本ずつ出す。
三角藺(サンカクイ)とよく似ているが、三角藺(サンカクイ)は束生する。
開花時期は8月から10月である。
淡い緑色ないし淡い褐色をした花穂を横向きにつける。
花序には柄がないが、三角藺(サンカクイ)には柄のあるものもある。
和名の由来は、冬に枯れた枝が残っているところからきている。
属名の Schoenorchis はギリシャ語の「schoinos(スゲ)+plektos(より合わせた)」からきている。
種小名の triangulatus は「三角形の」という意味である。
写真は8月に日光植物園で撮った。
学名:Schoenoplectus triangulatus(syn. Scirpus triangulatus)

★水辺なら元気に咲くよ寒枯藺
 夏の暑さに唸りをあげて

カンガレイ080813c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年9月 3日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「南国田字草(ナンゴクデンジソウ)」です。

次のブログ記事は「ガシャモク」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7