田字草(デンジソウ)

デンジソウ090904a-l.jpg

田字草(デンジソウ)はデンジソウ科デンジソウ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、池沼や水田などに生えるシダ植物である。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、シベリア、インドシナ半島、インド、中央ヨーロッパ、南ヨーロッパ、北アメリカなどに広く分布する。
和名の由来は、4枚の葉が放射状に広がる形を「田」の字に見立てたものである。
英名はウォータークローバー(water clover)である。
農薬の影響などで個体数を減らしている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10センチから15センチくらいである。
生育期間は4月から10月くらいである。
水中の泥の中に根をはる。
根茎は細くて軟らかく、枝分かれをして伸びる。
浮葉植物で、4枚の小葉が水面に浮かぶ。
水が引けば茎は立ち上がる。
花言葉は「幸運」である。
属名の Marsilea はイタリアの自然科学者「マルシリ(Luigi Ferdinando Marsigli, 1658-1730)さん」の名からきている。
種小名の quadrifolia は「4枚の葉の」という意味である。
写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Marsilea quadrifolia

★よくつけた名前おかしい田字草
 田んぼが似合う水草だけど

デンジソウ090904b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2013年9月 1日 12:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ネグンド楓(ネグンドカエデ)」です。

次のブログ記事は「柳蓼(ヤナギタデ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7