鼬萩(イタチハギ)

イタチハギ060527a-l.jpg

鼬萩(イタチハギ)はマメ科イタチハギ属の落葉低木である。
原産地は北アメリカで、カナダからメキシコにかけて分布する。
英名はインディゴ・ブッシュ(indigo bush)である。
日本へは砂防用、護岸用として大正時代に渡来した。
現在は日本各地で野生化しており、繁殖するのでほかの植物に影響をおよぼす恐れがある。
そのため日本の侵略的外来種ワースト100に選定されている。
外来生物法でも要注意外来生物に指定されている。
樹高は1メートルから4メートルくらいである。
枝には弱い棘がある。
葉はやや大きな奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形である。
葉の先は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
開花時期は5月から6月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、暗い紫色をした小さな蝶形の花をたくさんつける。
黄色の葯(雄しべの花粉を入れる袋)が目立つ。
花の後にできる実は長さ1センチくらいの豆果(莢の中に種子が入るもの)で、種子が1個あり、熟しても弾けない。
和名の由来は、花序の姿からイタチの尾を連想したものである。
別名を黒花槐(クロバナエンジュ)という。
属名の Amorpha はギリシャ語の「amorphos(不格好な)」からきている。花が旗弁のみで、翼弁や竜骨弁がないことから名づけられた。
種小名の fruticosa は「低木状の」という意味である。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
実の写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Amorpha fruticosa

★イタチの尾ぴんと伸ばして咲く姿
 変わってるねと首をかしげて
☆イタチの尾花粉をつけてにょきにょきと
 花と思わず奇妙な姿

イタチハギ060527b-l.jpg

イタチハギ060806a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2013年6月20日 13:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「薄赤野茨(ウスアカノイバラ)」です。

次のブログ記事は「フロックス・ピロサ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0