ヒヨス

ヒヨス080803b-l.jpg

ヒヨスはナス科ヒヨス属の一年草である。
原産地はヨーロッパ、北アフリカ、シベリア、ヒマラヤ、中国などである。
日本には自生種はなく、製薬原料として栽培されている。
草丈は20センチから100センチくらいである。
茎は直立し、上部で疎らに枝分かれをする。
全体に腺毛(粘着物質を出す毛)が密生する。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から9月である。
花は黄色い漏斗形で、花冠の内側には紫色の脈がある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ヒヨスチアミンなどのアルカロイドを含み、葉を鎮痛、鎮静、鎮痙薬とする。
ただし、劇薬である。
ホメロスの「オデッセイヤ」やシェークスピアの「ハムレット」の中にもヒヨスは登場する。
また、魔女とのつながりも深いそうである。
和名の由来は、属名であるヒヨスキアムス(Hyoscyamus)の上の部分からつけられたものである。
属名の Hyoscyamus はギリシャ語の「hyos(豚)+cyamos(豆)」からきている。豚にも毒の効き目があるという意味で名づけられた。
種小名の niger は「黒い」という意味である。
写真は8月に小石川植物園で撮った。
学名:Hyoscyamus niger

★この花の色の深さがどことなく
 魔界思わすふと誘われて

ヒヨス080803a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月18日 11:39に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「飛島萓草(トビシマカンゾウ)」です。

次のブログ記事は「ドワーフ・コンフリー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0