延根千鳥(ノビネチドリ)

ノビネチドリ070518c-l.jpg

延根千鳥(ノビネチドリ)はラン科テガタチドリ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から九州にかけて分布し、山地や高山の林の中に生える。
海外では、朝鮮半島、サハリン、カムチャツカ半島にも分布する。
草丈は20センチから60センチくらいである。
茎は直立をする。
葉は楕円形で4枚から7枚が互い違いに生える(互生)。
茎の上部につく葉は細長い。
葉の縁が波打つのが特徴で、つけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は5月から7月である。
茎先に大きな総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い紅紫色の花をたくさんつける。
花の色には白いものもある。
細長い緑色の苞(花のつけ根につく葉の変形したもの)が目立ち、花序の下部では花よりも長くなる。
花は横向きに開く。
唇弁の先は3つに裂けるが、真ん中の裂片が短い。
距(花冠のつけ根が後ろに飛び出たもの)が短くて先が鉤のように曲がるのも特徴である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、根が細長い円柱状であることからきている。
近縁種の手形千鳥(テガタチドリ)の根は手のひら状になっている。
属名の Gymnadenia はギリシャ語の「gymnos(裸の)+adenos(腺)」からきている。ハクサンチドリ属に似ているが、花粉塊の粘着体が袋に入らず裸になっていることから名づけられた。
種小名の camtschatica は「カムチャツカの」という意味である。
写真は5月に北大植物園で撮った。
学名:Gymnadenia camtschatica

★根を掘って調べるわけにいかぬけど
 延根千鳥の名が面白く

ノビネチドリ070518a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月14日 08:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「玉咲き草藤(タマザキクサフジ)」です。

次のブログ記事は「長葉唐松(ナガバカラマツ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0