豆柿(マメガキ)

マメガキ050521a-l.jpg

豆柿(マメガキ)はカキノキ科カキノキ属の落葉高木である。
原産地は西アジアである。
日本へは中国経由で古い時代に渡来した。
樹高は10メートルから20メートルである。
葉は楕円形で、互い違いに生える(互生)。
雌雄異株である。
開花時期は5月から6月である。
小さな鈴蘭(スズラン)のような黄白色の小さな花を咲かせる。
雄花は萼がほとんどなく、雌花は萼が大きい。
花の後にできる実は小さな液果(果皮が肉質で液汁が多い実)である。
秋に小さな実が鈴なりになる姿も美しく、切り花や鉢植え、盆栽など観賞用にも使われる。
属名の Diospyros はギリシャ語の「Dios(ジュピター)+pyros(穀物)」からきている。おいしい果実を「神の食べ物」として称え名づけた。
種小名の lotus はギリシャ神話に登場する「ロートス(実を食べると浮世の苦しみを忘れて楽しい夢を見られる想像上の植物)」からきている。
写真は5月に小石川植物園で撮った。
実の写真は10月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Diospyros lotus

★熟しても渋いけれどもそれも味
 実る日を待つ乙女のように

マメガキ081012a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2013年6月13日 10:34に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丸葉下野(マルバシモツケ)」です。

次のブログ記事は「玉咲き草藤(タマザキクサフジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0