丸葉下野(マルバシモツケ)

マルバシモツケ100617a-l.jpg

丸葉下野(マルバシモツケ)はバラ科シモツケ属の落葉小低木である。
北方領土を含む北海道から本州の関東地方北部にかけてと白山に分布し、高山の岩場や林の縁に生える。
海外では、サハリン、ウスリー、千島列島、アリューシャン列島、北アメリカ北西部などにも分布する。
樹高は30センチから100センチくらいである。
盛んに枝分かれをして、こんもりと茂る。
葉は幅の広い卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の形には変異が多い。
葉の縁には重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざがある)がある。
開花時期は6月から7月である。
枝先に複数の散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)を出し、花径7ミリくらいの小さな白い花のかたまりを密につける。
1つ1つの花は花弁は5枚である。
雄しべは5本で、花弁より長く伸びている。
花序(花のかたまり)は直径5センチから10センチくらいになる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Spiraea はギリシャ語の「speira(螺旋)」からきている。果実が螺旋状になるものがあることから名づけられた。
種小名の betulifolia は「カバノキ属(Betula)のような葉の」という意味である。
写真は6月に北大植物園で撮った。
学名:Spiraea betulifolia

★こんもりと白い花びら寄せ集め
 丸葉下野群れなし咲いて

マルバシモツケ100617b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月13日 09:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リシマキア・プンクタータ」です。

次のブログ記事は「豆柿(マメガキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0