深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)

ミヤマハンショウヅル100429a-l.jpg

深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)はキンポウゲ科センニンソウ属の蔓性多年草である。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、低山から高山にかけての林の縁や礫地に生える。
海外では、サハリン、カムチャツカ、シベリアなどにも分布する。
草丈は30センチから100センチくらいである。
茎は木質化をする。
葉は2回3出複葉で、向かい合って生える(対生)。
3出複葉というのは三つ葉のことである。
3本に枝分かれした先にそれぞれ三つ葉をつけて1枚の葉となる。
小葉の形は卵形で、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉の質は薄い。
開花時期は6月から8月くらいである。
葉の脇から柄を伸ばし、花径3センチくらいの濃い紫色の花を下向きに1輪ずつつける。
4枚の花弁のように見えるのは萼片で、縁には白い軟毛が生える。
萼片の内側に、萼片より短い花弁が10数枚ある。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
和名の由来は、半鐘に似た蔓性の花で山地に咲くことからきている。
属名の Clematis はギリシャ語の「clema(若枝)」の縮小形である。長い柔らかい枝でよじ登ることから名づけられた。
種小名の alpina は「高山に生える」という意味である。
亜種名の ochotensis は「オホーツク地方の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Clematis alpina subsp. ochotensis

★幅広く垂れた釣鐘ずんぐりと
 無骨だけれど山に咲く花

ミヤマハンショウヅル100429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月12日 14:17に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「高嶺びらんじ(タカネビランジ)」です。

次のブログ記事は「リシマキア・プンクタータ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0