高嶺びらんじ(タカネビランジ)

タカネビランジ090719a-l.jpg

高嶺びらんじ(タカネビランジ)はナデシコ科マンテマ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の中部地方に分布し、高山(南アルプスと白山)の岩場や砂礫地に生える。
草丈は5センチから20センチくらいである。
茎には下向きに曲がった毛が生える。
葉は長さ2センチから4センチの披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
自生地での開花時期は7月から8月である。
平地では5月から6月に開花する。
茎先に淡い紅紫色の花を1輪から数輪咲かせる。
花径が3センチくらいの5弁花である。
花びらの先は浅く2つに裂ける。
萼筒や花の柄には腺毛が生える。
萼筒には10本の脈がある。
雄しべは10本で、雌しべの花柱の先は3つに裂ける。
花の色は白いものもある。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
「びらんじ」の名の由来は不明である。
牧野富太郎博士も由来不明としている。
分類上は、大ビランジ(オオビランジ)の高山型の変種とする考え方もある。
属名の Silene はギリシャ神話の「シレネス(Silenes、バッカスの養父)」からきている。この属には粘液性の分泌液を出すものが多いので、これを酔って泡だらけになった様子にたとえた。
種小名の akaisialpina は「赤石山脈の」という意味である。
写真は7月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Silene akaisialpina(=Silene keiskei var. akaisialpina)

★そそり立つ南アの峰に咲くという
 高嶺びらんじ花は大きく

タカネビランジ090719b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月12日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「杓(シャク)」です。

次のブログ記事は「深山半鐘蔓(ミヤマハンショウヅル)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0