広葉雛百合(ヒロハヒナユリ)

ヒロハヒナユリ100515a-l.jpg

広葉雛百合(ヒロハヒナユリ)はユリ科ヒナユリ属(カマシア属)の多年草である。
ヒナユリ属は北アメリカに6種分布する。
分類体系によってはヒアシンス科とされる。
本種の原産地も北アメリカである。
カナダの南部とアメリカ合衆国の北西部に分布し、湿地に生える。
学名のカマシア・クシッキーで表示するものもある。
草丈は60センチから120センチくらいである。
ヒナユリ属の中では草丈が高い品種である。
根際から生える葉は線形である。
葉の質は硬い。
開花時期は4月から5月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い青紫色の花をたくさんつける。
花の色は白いものもある。
花被片は6枚で、横に大きく開く。
雄しべの葯は鮮やかな黄色である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
ネイティブアメリカンは根茎を食用にしたという。
属名の Camassia はネイティブアメリカンの呼び名(camass)からきている。
種小名の cusickii はアメリカ人の植物コレクター「キューシック(William Conklin Cusick, 1842-1922)さん」の名からきている。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Camassia cusickii

★雛百合の名は似合うかなカマシアに
 大柄に咲くアメリカ生まれ

ヒロハヒナユリ100515b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月11日 16:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丸葉萵苣の木(マルバチシャノキ)」です。

次のブログ記事は「チャービル」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0