白樺(シラカンバ)

シラカバ060616a-l.jpg

白樺(シラカンバ)はカバノキ科カバノキ属の落葉高木である。
白樺(シラカバ)ともいう。
狭義の解釈では日本原産の変種とされ、北海道から本州の中部地方にかけて分布し、高原や山地の日当りのよい場所に生える。
広義の解釈では、アジア北東部に分布するものも含まれる。
樹高は10メートルから30メートルくらいである。
幹はまっすぐに伸び、よく枝を分ける。
樹皮の色は淡い黄色みを帯びた白で、艶がある。
外皮は薄く、紙状に剥がれる。
葉は三角状の卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁にはぎざぎざ(鋸歯)がある。
近縁種の岳樺(ダケカンバ)と似ているが、岳樺(ダケカンバ)は樹皮の色が赤褐色から灰褐色である。
また、葉脈の数が異なり、白樺(シラカンバ)は7対、岳樺(ダケカンバ)は11対である。
開花時期は4月から6月である。
雌雄同株である。
雄花は黄褐色で長さは3センチから5センチくらいあり、枝から垂れ下がる。
雌花は緑色で長さは2センチくらいであり、枝上に直立する。
果穂は長さ3センチから5センチの円柱形で、枝から垂れ下がる。
種子には広い翼があり、風で遠くまで運ばれる。
雄花の飛ばす花粉は、花粉症の原因ともなっている。
秋には黄葉する。
各地で「自治体の木」となっている。
長野県では「県の木」に指定している。
小樽市、帯広市、千歳市、富士吉田市などでは「市の木」に指定している。
属名の Betula はケトル語の「betu(カバノキ)」からきている。
種小名の platyphylla は「広い葉の」という意味である。
変種名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は6月に札幌の百合が原公園で撮った。
上の写真は8月に奥日光の小田代ヶ原で撮った。
学名:Betula platyphylla var. japonica

★清廉を肌にたたえて天を衝く
 白樺の木は林となりて

シラカバ060616b-l.jpg

シラカンバ070804a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2013年6月11日 12:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「栴檀(センダン)」です。

次のブログ記事は「丸葉萵苣の木(マルバチシャノキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0