栴檀(センダン)

センダン070603d-l.jpg栴檀は煙るがごとく花をつけ

栴檀(センダン)はセンダン科センダン属の落葉高木である。
本州の伊豆半島から沖縄にかけて分布し、山地の林の中や河原に生える。
また、街路樹や庭木とされる。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国、ヒマラヤ、インドシナ半島、インド、南アジア、オーストラリアなどに広く分布している。
樹高は5メートルから10メートルくらいである。
大きいものは20メートルから30メートルにもなる。
樹皮は赤褐色で縦に割れ目がある。
葉は2-3回の奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉の形は卵形で、縁には鈍いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は5月から6月である。
枝のつけ根の葉の脇から複数の集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、淡い紫色の小さな花をたくさんつける。
花弁は5枚である。
雄しべは10本あり、濃い紫色で合着して筒状になる。
花の後にできる実は楕円形の核果(水分を多く含み中に種が1つある)で、秋には黄色く熟し、落葉後も木に残る。
木に残った実の様子を千珠(センダマ)にたとえたのが和名の由来である。
材は、建築材、器具材などに使用される。
ラケットや下駄、琵琶の胴などを作るのに用いるという。
また、漢方では実、樹皮、根皮が除虫剤として用いられるが、人や家畜に中毒事故が起こることもある。
古くは万葉集や徒然草などにも登場する。
俳句の季語は夏である。
属名の Melia はトネリコ属(Fraxinus)のギリシャ名からきている。葉の形が似ていることから名づけられた。
種小名の azedarach は「高貴な木」(ペルシャ語由来)という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
実の写真は12月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
学名:Melia azedarach

★見上げれば葉陰にひらり花の舞い
 背伸びして撮る木は天を突き

センダン070603a-l.jpg

センダン070603b-l.jpg

センダン081228c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル





このブログ記事について

このページは、が2013年6月11日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「英彦山姫沙羅(ヒコサンヒメシャラ)」です。

次のブログ記事は「白樺(シラカンバ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0