レモンベルガモット

レモンベルガモット130525a-l.jpg

レモンベルガモットはシソ科ヤグルマハッカ属の一年草である。
原産地は北アメリカの中南部からメキシコである。
日本ではハーブとして栽培される。
表記の名は流通名で、自生地ではレモンビーバーム(lemon beebalm)などの名で呼ばれる。
学名のモナルダ・キトリオドラを用いるものもある。
草丈は60センチから120センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で、向かい合って生える(対生)。
葉は鮮やかな緑色で、レモンの香りがする。
葉の裏には白くて軟らかい毛が生える。
開花時期は6月から10月くらいである。
花茎に紅紫色をした唇形の花を輪生状にたくさんつける。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
ドライフラワーやハーブティーとして利用される。
属名の Monarda はスペインの医師で植物学者だった「モナルデ(Nicolas Monardes, 1493-1588)さん」の名からきている。
種小名の citriodora は「レモンのような香りの」という意味である。
写真は5月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯都市緑化植物園で撮った。
学名:Monarda citriodora

★モナルダの仲間もいろいろあるんだね
 初の出逢いは梅雨の沖縄

レモンベルガモット130525b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月10日 10:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「梯梧(デイゴ)」です。

次のブログ記事は「苔桃(コケモモ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0