八幡草(ヤワタソウ)

ヤワタソウ070701b-l.jpg

八幡草(ヤワタソウ)はユキノシタ科ヤワタソウ属の多年草である。
本州の東北地方南部から中部地方にかけて分布し、山地の谷沿いなど湿り気の多い場所に生える。
海外では、中国にも分布する。
草丈は30センチから60センチくらいである。
地下茎は太い。
根際からは長い柄のある1、2枚の葉が生える。
葉の形は円形ないし卵円形で、縁は手のひら状に浅く裂ける。
茎につく葉は小さく、数枚が互い違いに生える(互生)。
開花時期は5月から7月である。
茎先に集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、黄白色の小さな花をいくつかつける。
花弁は5枚で、平開はしない。
萼筒は浅い鐘形である。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は不明とされている。
属名の Peltoboykinia はギリシャ語の「pelto(楯状の)+Boykinia(アラシグサ属)」からきている。
種小名の tellimoides はユキノシタ科の「テリマ属(Tellima)に似た」という意味である。
写真は7月に仙台市野草園で撮った。
学名:Peltoboykinia tellimoides

★薄闇に花も目立たぬ八幡草
 艶のある葉が存在示し

ヤワタソウ070701a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月 9日 12:55に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浜鉈豆(ハマナタマメ)」です。

次のブログ記事は「西洋水木(セイヨウミズキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0