姫萩(ヒメハギ)

ヒメハギ070429d-l.jpg

姫萩(ヒメハギ)はヒメハギ科ヒメハギ属の多年草である。
北海道から沖縄にかけて分布し、山野に生える。
海外では、朝鮮半島、台湾、中国などにも分布する。
和名の由来は、花が萩(ハギ)に似ていて全体が小形なことからきている。
草丈は10センチから30センチである。
茎は硬く、つけ根の部分で枝分かれをして地を這い、先で立ち上がる。
全体に毛は生えておらず、紅紫色を帯びる。
葉は長さ1センチくらいの楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先とつけ根は尖り、縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
葉の縁と葉の裏面の主脈は紅紫色を帯びる。
開花時期は4月から7月である。
茎の上部に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、数輪の花をつける。
花の大きさは3ミリから8ミリくらいで、花の色は紅紫色である。
5枚の萼片が花弁のように見える。
そのうちの2枚が大きな卵形で、左右にはり出す。
残る3枚は披針形である。
花弁は筒状になっている。
これは3枚の花弁が合着したものである。
花弁の先は房状となる。
花の後にできる実は円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、広い翼がついている。
属名の Polygala はギリシャ語の「polys(多)+gala(乳)」からきている。この属の1種が乳の分泌をよくすると考えられ名づけられた。
種小名の japonica は「日本の」という意味である。
写真は4月に京都府立植物園で撮った。
学名:Polygala japonica

★姫の名がうってつけだよ姫萩は
 小さく咲いて姿やさしく

ヒメハギ070429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






このブログ記事について

このページは、が2013年6月 6日 16:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「浜小豆(ハマアズキ)」です。

次のブログ記事は「姫金瘡小草(ヒメキランソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0