ロサ・ニティダ

ロサ・ニティダ070603a-l.jpg

ロサ・ニティダはバラ科バラ属の落葉小低木である。
原産地は北アメリカである。
カナダのケベック州や合衆国のコネチカット州など北東部に分布し、1807年から栽培されている。
英名はシャイニングローズ(shining rose)である。
樹高は30センチから100センチくらいである。
枝には細かい棘がある。
葉は奇数羽状複葉(鳥の羽のように左右に小葉がいくつか並び、先に1つの小葉がついて1枚の葉が構成される)で、互い違いに生える(互生)。
小葉は楕円形で縁にはぎざぎざ(鋸歯)があり、明るいグリーンで艶がある。
葉にはスズランに似た香りがある。
開花時期は6月から9月である。
花径は5センチから6センチのピンクの一重咲きで、花弁数は5枚である。
花の後にできる実は卵形の偽果(子房以外の部分が加わってできている果実)で、秋には赤く熟する。
紅葉もきれいである。
属名の Rosa はケルト語の「rhodd(赤色)」からきている。
種小名の nitida は「艶がある」という意味である。
写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Rosa nitida

★あっさりとだけど濃い目の花の色
 自然のままにニティダは咲いて

ロサ・ニティダ070603c-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル







このブログ記事について

このページは、が2013年6月 6日 12:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「瓔珞躑躅(ヨウラクツツジ)」です。

次のブログ記事は「浜小豆(ハマアズキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0