インドゴム葛(インドゴムカズラ)

インドゴムカズラ130525a-l.jpg

インドゴム葛(インドゴムカズラ)はガガイモ科クリプトステギア属の常緑半蔓性低木である。
分類体系によってはキョウチクトウ科とされる。
原産地はマダガスカルである。
かつてはインドでゴムを採取するために栽培された。
乳状の樹液が弾性ゴムの原料とされた。
英名はラバーバイン(rubber vine)である。
別名を大花朝顔(オオバナアサガオ)という。
潮風に強く、日本では沖縄で生垣や庭木として栽培されている。
樹高は3メートルくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の質は多肉質で艶がある。
開花時期は5月から11月くらいである。
枝先に花径5センチくらいの紅紫色をした漏斗状の花を上向きにつける。
花冠は5つに裂ける。
花の後にできる実は竹の子のような形をした袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Cryptostegia はギリシャ語の「cryptos(隠れた)+stego(ふたをする)」からきている。
種小名の grandiflora は「大きな花の」という意味である。
写真は5月に沖縄県本部町の熱帯・亜熱帯植物緑化植物園で撮った。
学名:Cryptostegia grandiflora

★梅雨空も忘れるような輝きに
 何の花かと見上げ眺めて

インドゴムカズラ130525b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月 5日 14:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「小茄子(コナスビ)」です。

次のブログ記事は「瓔珞躑躅(ヨウラクツツジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0