大葉溝酸漿(オオバミゾホオズキ)

オオバミゾホオズキ070707c-l.jpg

大葉溝酸漿(オオバミゾホオズキ)はゴマノハグサ科ミゾホオズキ属の多年草である。
分類体系によってはハエドクソウ科とされる。
北方領土を含む北海道から本州の中部地方にかけて分布し、亜高山の水湿地に生える。
海外では、サハリンにも分布する。
草丈は10センチから30センチくらいである。
地下茎を横に伸ばして群落をつくる。
茎の断面は四角形で直立し、枝分かれをしない。
もう少し低い山地に生える近縁種の溝酸漿(ミゾホオズキ)は枝分かれをする。
葉は長さ3センチから6センチくらいの卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉には柄はなく、縁には棘状の鋭いぎざぎざ(鋸歯)がある。
葉脈は平行脈である。
開花時期は6月から8月である。
葉の脇から花柄を伸ばし、長さ25ミリから30ミリくらいの黄色い筒形の花をつける。
花冠の先は唇形に裂ける。
上の唇は2つに裂け、下の唇は3つに裂ける。
下の唇の内側には褐色の斑点がある。
萼片は5枚である。
雄しべは4本あり、そのうちの2本が長い。
雌しべは1本である。
花の後にできる実は楕円形のさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、萼に包まれる。
和名の由来は、萼につつまれた実の様子を「酸漿」になぞらえたものである。
属名の Mimulus はラテン語で「mimus(道化者)」の縮小形である。歯をむき出すような花冠の形と模様から名づけられた。
種小名の sessilifolius は「柄のない葉の」という意味である。
写真は7月に尾瀬で撮った。
学名:Mimulus sessilifolius

★めずらしい花の形が個性的
 湿地を照らす明かりのように

オオバミゾホオズキ070707a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月 3日 16:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雄蛭木(オヒルギ)」です。

次のブログ記事は「紋羽の木(モンパノキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0