矢車薄荷(ヤグルマハッカ)

モナルダ070623b-l.jpg

矢車薄荷(ヤグルマハッカ)はシソ科ヤグルマハッカ属(モナルダ属)の多年草である。
モナルダ属は北アメリカに22種が分布する。(Catalogue of Life: 2016 Annual Checklist より)
また、50種を超える園芸品種が作出されている。
本種が代表種で、属名の和名はヤグルマハッカ属という。
本種の原産地も北アメリカで、カナダのケベック州からアメリカ合衆国のワシントン州にかけてである。
英名はワイルドベルガモット(wild bergamot)という。
ミカン科のベルガモットに香りが似ることからつけられた名である。
ハーブの1種として知られ、庭植え、鉢植えで観賞用に栽培されている。
日本ではこれを略してベルガモットの名で流通しているが、少し紛らわしい。
和名の由来は、薄荷(ハッカ)の近縁種で花の姿が鯉のぼりにつける矢車に似ていることからつけられた。
草丈は60センチから150センチくらいである。
葉は長い卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先が尖り、軟毛が生える。
開花時期は6月から8月である。
茎先に直径4センチから6センチくらいの花序を出す。
一見するとこれが花のように見えるが、長さ3センチくらいの唇形の花が集まったものである。
花の色には赤、紅紫色、白などのものがある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
近縁種にディディマ種(Monarda didyma)がある。
こちらのほうは和名を松明花(タイマツバナ)という。
花言葉は「安らぎ」である。
8月17日の誕生花である。
属名の Monarda はスペインの医師で植物学者だった「モナルデ(Nicolas Monardes, 1493-1588)さん」の名からきている。
種小名の fistulosa は「管状の」という意味である。
写真は6月につくば植物園で撮った。
学名:Monarda fistulosa

★モナルダの上げる炎はやわらかく
 ベルガモットの香りを添えて

モナルダ070623d-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/08/20 改訂

花図鑑

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル






このブログ記事について

このページは、が2013年6月 1日 13:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丘立波草(オカタツナミソウ)」です。

次のブログ記事は「鶯爪花(オウソウカ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7