丘立波草(オカタツナミソウ)

オカタツナミソウ100501a-l.jpg

丘立波草(オカタツナミソウ)はシソ科タツナミソウ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の太平洋側と四国に分布し、丘陵地の林の縁などに生える。
草丈は10センチから40センチくらいである。
茎は直立をし、下向きの毛が生える。
葉は三角状の卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)があり、両面に毛が生える。
葉の裏面には腺点(蜜を出す孔)がある。
開花時期は5月から6月である。
茎先に短い穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、青紫色をした唇形の花をつける。
花序は立波草(タツナミソウ)よりも短い。
花の色は白いものもある。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)である。
「立浪草」の名は、一方向に立ち並ぶ花の様子を、押し寄せる波頭に見立てたものである。
和名は丘陵地に多いことからつけられた。
属名の Scutellaria はギリシャ語の「scutella(小皿)」に由来する。花のつけ根の萼に円い附属物があることから名づけられた。
種小名の brachyspica は「短い穂状の」という意味である。
写真は5月に日比谷公園の野草展(むさしの山草会)で撮った。
学名:Scutellaria brachyspica

★いろいろなタイプがあるね立波草
 葉っぱを見たり花比べたり

オカタツナミソウ100501b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2013年6月 1日 12:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「三葉の駒繋ぎ(ミツバノコマツナギ)」です。

次のブログ記事は「矢車薄荷(ヤグルマハッカ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7