菊芋擬き(キクイモモドキ)

キクイモモドキ080713a-l.jpg

菊芋擬き(キクイモモドキ)はキク科キクイモモドキ属(ヘリオプシス属)の多年草である。
原産地は北アメリカである。
日本へは明治時代の半ばに渡来した。
ヒマワリ属の菊芋(キクイモ)によく似た花を咲かせることからこの名がついた。
しかし、菊芋(キクイモ)と違って根塊はできない。
別名を姫向日葵(ヒメヒマワリ)という。
ただし、この名称はヒマワリ属の1種(Helianthus cucumerifolius)にも用いられている。
属名のヘリオプシス(Heliopsis)の名でも流通している。
また、逸出したものが野生化している。
草丈は50センチから150センチくらいである。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
茎や葉には短くて固い毛が生えている。
開花時期は7月から10月である。
黄色または橙黄色の花(頭花)をいっぱい咲かせる。
花径は5、6センチあり、八重咲きのものもある。
舌状花は8枚から15枚である。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Heliopsis はギリシャ語の「helios(太陽)+opsis(似た)」からきている。頭花の形からつけられた名である。
種小名の helianthoides は「ヒマワリのような花の」という意味である。
写真は7月に小石川植物園で撮った。
学名は Heliopsis scabra とするものもあるが、撮影地での表示に従っている。(YListでも helianthoides を採用している。)
学名:Heliopsis helianthoides

★花びらをぐいと広げて咲き誇る
 花の姿は向日葵に似て

キクイモモドキ080713b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2012年8月12日 11:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鬼薊(オニアザミ)」です。

次のブログ記事は「鴨茅(カモガヤ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0