鬼薊(オニアザミ)

オニアザミ080807c-l.jpg

鬼薊(オニアザミ)はキク科アザミ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の東北地方(岩手県)から中部地方(石川県)にかけて分布し、日本海側の山地や亜高山、高山の草地に生える。
基準産地は福島県の会津地方である。
草丈は40センチから100センチくらいである。
茎には毛が多い。
特徴は花の咲く時期まで根際から生える葉が残ることである。
根際から生える葉は長い楕円形で長い柄がある。
葉は羽状に裂け、裂片の先には棘がある。
茎につく葉は互い違いに生え(互生)、上部ほど小さくなる。
茎葉につけ根の部分は茎を抱く。
開花時期は6月から9月くらいである。
茎先に2、3輪の紅紫色をした花(頭花)が固まって下向きにつく。
頭花は筒状花からなる。
総苞(花序全体を包む葉の変形したもの)は暗い紫色の筒状鐘形で、粘る。
総苞片は6列で、反り返らない。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Cirsium はギリシャ語の「cirsos(静脈腫)」からきている。静脈腫に薬効のある植物につけられた名が転用された。
種小名の borealinipponense は「北日本の」という意味である。
写真は8月に志賀高原の東館山高山植物園で撮った。
学名:Cirsium borealinipponense

★厳つさも中ほどなるか鬼薊
 頭(こうべ)を垂れて何に耐えるや

オニアザミ080807b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2012年8月12日 10:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「リアトリス・スカリオサ」です。

次のブログ記事は「菊芋擬き(キクイモモドキ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0