大紅葉(オオモミジ)

オオモミジ081130d-l.jpg

大紅葉翼広げて散るを待ち

大紅葉(オオモミジ)はカエデ科カエデ属の落葉高木である。
北海道から九州にかけて分布し、山地の谷沿いや尾根筋などに生える。
山紅葉(ヤマモミジ)は日本海側を中心に分布するのに対し、本種は太平洋側に分布する。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
樹高は10メートルから15メートルくらいである。
葉の形はいろは紅葉(イロハモミジ)とよく似ているが、大きくて厚い。
葉の長さは5センチから15センチくらいで、向かい合って生える(対生)。
葉は手のひら状に7つから9つに裂け、裂片の縁には細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
いろは紅葉(イロハモミジ)や山紅葉(ヤマモミジ)は重鋸歯(大きなぎざぎざに更に細かなぎざぎざが入る)なので、見分けるポイントになる。
開花時期は4月から5月である。
雌雄同株で、一つの花序に雄花と両性花の両方をつける。
黒味がかった紅色の地味な花である。
実は翼果(翼のある実)で薄い翼を持ち、翼は斜めに開く。
初めのうちは薄紅色で美しい。
秋には美しく紅葉する。
分類上はいろは紅葉(イロハモミジ)の変種とされる場合と独立種として扱う場合があるようである。
俳句では「紅葉」が秋の季語である。
属名の Acer は「裂ける」という意味のラテン語からきている。
種小名の palmatum は「手のひら状の」という意味である。
変種名の amoenum は「愛すべき」という意味である。
紅葉の写真は11月に埼玉県花と緑の振興センターで撮った。
花と実の写真は5月に鎌倉の光則寺で撮った。
学名:Acer palmatum var. amoenum

★ずっしりと指を広げた葉の下で
 薄紅揺らす花の季節よ

オオモミジ081130c-l.jpg

オオモミジ060506a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2011年12月11日 10:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「アンスリウム・フィオリーノ」です。

次のブログ記事は「アロエ・カスタネア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0