マスデバリア・エコ

マスデバリア・エコ081207a-l.jpgマスデバリア・エコはラン科マスデバリア属の多年草である。
ペルーの標高1100メートルから1500メートルに分布する地生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉はへら形である。
開花時期は冬である。
花の色は外側が黄色、内側が赤褐色である。
花径は2、3センチである。
属名の Masdevallia はスペイン人の植物学者「マスデバル(J. Masdevall)さん」の名からきている。
種小名の echo はギリシャ神話に登場する森のニンフの名である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Masdevallia echo

★面白い花の形が目を奪う
 なるほどこれはニンフのようだ

マスデバリア・エコ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年12月10日 17:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「島繻子蘭(シマシュスラン)」です。

次のブログ記事は「アンスリウム・フィオリーノ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0