段菊(ダンギク)

ダンギク080923c-l.jpg段菊(ダンギク)はクマツヅラ科カリガネソウ属の多年草である。
分類体系によってはシソ科とされる。
九州の北部と対馬に分布し、日当たりのいい岩場などに生える。
海外では、台湾、朝鮮半島、中国大陸などに分布する。
大陸と陸続きだった時代の遺存種である。
草丈は70センチから80センチくらいである。
茎は直立し、葉とともに短い軟毛を密生している。
葉は卵形で、向かい合って生える(対生)。
葉の先は尖り、縁には粗いぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は9月から10月である。
葉のつけ根の部分に小さな青紫の花が集まって花穂をつくり、それが段になって咲く。
1つ1つの花は唇形である。
5つに裂けた裂片のうち下側のものが長く、先が細かく裂ける。
4本の雄しべと1本の花柱(雌しべ)が花筒から飛び出している。
花の色は青紫が多いが、白やピンクのものもある。
花の後にできる実は小堅果で、先は4つに裂ける。
名の由来は、葉が菊(キク)に似ていて段になって咲くところからきている。
属名の Caryopteris はギリシャ語の「karyon(堅果)+pteron(翼)」からきている。果実が小堅果で翼があるように見えることから名づけられた。
種小名の incana は「灰白色の柔らかい毛で覆われた」という意味である。
写真は9月に川口市立グリーンセンターで撮った。
学名:Caryopteris incana

★段々に茎を取り巻き咲く姿
 どこか不思議な段菊の花

ダンギク080923a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年11月 8日 07:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バナナ」です。

次のブログ記事は「ツンベルギア・フォーゲリアナ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0