朝熊竜胆(アサマリンドウ)

アサマリンドウ051029a-l.jpg朝熊竜胆(アサマリンドウ)はリンドウ科リンドウ属の多年草である。
日本固有種である。
紀伊半島と中国、四国、九州の一部に分布する。
和名の由来は、個体数が多い三重県伊勢市にある朝熊(あさま)山にちなんでいる。
発見者は牧野富太郎博士で、高知県の横倉山で見つけた。
草丈は10センチから25センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には艶があり、先が尖る。
開花時期は10月から11月である。
茎先に青紫色の花を上向きにつける。
花冠は筒状で、先が5つに裂ける。
花冠は長さが4、5センチで、内側には緑色の斑点が入る。
萼片は5枚で、平らに開く。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Gentiana は紀元前のイリリア王「ゲンティウス(Gentius)」の名にちなむ。
種小名の sikokiana は「四国の」という意味である。
写真は10月に箱根湿生花園で撮った。
学名:Gentiana sikokiana

★少しだけ気難しいけど我慢して
 朝熊竜胆誇りに満ちて
☆遠慮がち咲いてみようか空色の
 朝熊竜胆顔を覗かせ

アサマリンドウ051029b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2011年11月 1日 08:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペトロコスメア・ミノール」です。

次のブログ記事は「アッサム茶(アッサムチャ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0