ミオソティス・アルペストリス

| コメント(0) | トラックバック(0)

ミオソティス・アルペストリス100305a-l.jpgミオソティス・アルペストリスはムラサキ科ワスレナグサ属の多年草である。
ヨーロッパのアルプス山脈、アペニン山脈、ピレネー山脈、バルカン半島などに分布し、山地や亜高山の草原や林の中に生える。
英名はアルパイン・フォーゲットミーノット(Alpine forget-me-not)である。
園芸的には「ワスレナグサ」の1つとして流通している。
草丈は10センチから20センチくらいである。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉には軟らかい毛が生えている。
開花時期は5月から9月くらいである。
茎先に集散花序(茎先に花がつき、少し下から横枝が出てその先にも花がつく)を出し、青色の小さな花をたくさんつける。
花径は5ミリから7ミリくらいである。
花弁は5枚で、花の真ん中は黄色い。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
属名の Myosotis はギリシャ語の「myos(ハツカネズミ)+otis(耳)」からきている。葉の形を表したものである。
種小名の alpestris は「亜高山の」という意味である。
写真は3月に大阪市の咲くやこの花館で撮った。
学名:Myosotis alpestris

★夢見ても身の丈ほどの淡き夢
 けれど悔やまぬそれも人生

ミオソティス・アルペストリス100305b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2460

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年8月21日 16:10に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八重咲きサボン草(ヤエザキサボンソウ)」です。

次のブログ記事は「日陰三葉(ヒカゲミツバ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0