エキナケア・アングスティフォリア

| コメント(0) | トラックバック(0)

エキナセア・アングスティフォリア080622b-l.jpgエキナケア・アングスティフォリアはキク科ムラサキバレンギク属(エキナケア属)の多年草である。
属名の読み方は「エキナセア」とするものもある。
原産地は北アメリカである。
英名をナロウリーブド・パープルコーンフラワー(narrow-leaved purple coneflower)という。
和名は細葉紫馬簾菊(ホソバムラサキバレンギク)である。
「馬簾」というのは火消しの纏(まとい)の飾りのことである。
根の成分が免疫力の向上に有効で、サプリメントとして利用されている。
草丈は50センチから90センチくらいである。
葉は細長い披針形(笹の葉のような形)で、互い違いに生える(互生)。
近縁種のエキナケア・プルプレアよりも葉は細い。
開花時期は6月から9月くらいである。
花びら(舌状花)の色はピンクないし淡い紫色である。
筒状花は円錐状である。
開花が進むにつれて舌状花が下向きに反り返り、「馬簾」のようになる。
花の後にできる実はそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)である。
属名の Echinacea はギリシャ語の「echino(はりねずみ)」からきている。硬い筒状花をはりねずみにたとえて名づけたものである。
種小名の angustifolia は「細葉の」という意味である。
写真は6月に東京都薬用植物園で撮った。
学名:Echinacea angustifolia

★どこでどう見分けたらいいエキナケア
 数の多さに目を白黒と

エキナセア・アングスティフォリア080622c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2081

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年6月 9日 03:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「エキナケア・プルプレア」です。

次のブログ記事は「カンパヌラ・コクレアリフォリア」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0