杜鵑蘭(トケンラン)

| コメント(0) | トラックバック(0)

トケンラン080524b-l.jpg杜鵑蘭(トケンラン)はラン科サイハイラン属の多年草である。
北海道から四国にかけて分布し、山地のやや湿った林の中に生える。
海外では、朝鮮の済州島にも分布する。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は20センチから40センチくらいである。
地下にある球形の偽球茎が地下茎でつながる。
葉は長い楕円形で、偽球茎から1枚ないし2枚生える。
葉は紫色の斑点のあるものが多い。
開花時期は5月から6月である。
花茎を出し、黄褐色の花を疎らに数輪つける。
花は上向きか横向きに半開状につく。
萼片と側花弁は黄褐色をした線形で、暗い紫色の斑点がある。
唇弁は白く、紅紫色の斑点がある。
「杜鵑」はホトトギスのことで、葉の斑をホトトギスの胸などの斑にたとえたものである。
属名の Cremastra はギリシャ語の「kremannymi(懸垂する)+astron(星)」からきている。星形の花が下向きに咲くことから名づけられた。
種小名の unguiculata は「爪のある」という意味である。
写真は5月につくば植物園で撮った。
学名:Cremastra unguiculata

★薄闇にひっそり咲いた杜鵑蘭
 地味な配色目映く見えて

トケンラン080524d-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2006

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2011年5月26日 09:20に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「海桐(トベラ)」です。

次のブログ記事は「立亀葉草(タチカメバソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0