岩爪草(イワツメクサ)

| トラックバック(0)

イワツメクサ070728c-l.jpg岩爪草(イワツメクサ)はナデシコ科ハコベ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の中部地方に分布し、亜高山や高山の岩場や砂礫地に生える。
草丈は10センチから20センチくらいである。
茎は細くて軟らかく、上部で枝分かれをする。
葉は線形で、向かい合って生える(対生)。
葉には艶があって先が尖り、脈が1本ある。
開花時期は7月から9月である。
茎先に花径1センチくらいの白い5弁花をつける。
花弁は深く裂けていて10枚あるように見える。
萼片は線状の披針形で細い3本の脈がある。
雄しべは10本である。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
和名の由来は、岩場に生えて葉の形が鳥の爪のようだということからきている。
属名の Stellaria はラテン語の「stella(星)」にちなむ。花の形が星形をしていることから名づけられた。
種小名と変種名の nipponica は「日本の」という意味である。
写真は7月に中央アルプスの千畳敷カールで撮った。
学名:Stellaria nipponica var. nipponica

★柔らかな茎と葉っぱで風かわし
 岩爪草は清楚に咲いて

イワツメクサ070728b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/10/02改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1116

このブログ記事について

このページは、が2010年8月10日 11:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「筋擬宝珠(スジギボウシ)」です。

次のブログ記事は「大反魂草(オオハンゴンソウ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7