大葉の四葉葎(オオバノヨツバムグラ)

| トラックバック(0)

オオバノヨツバムグラ070707d-l.jpg

大葉の四葉葎(オオバノヨツバムグラ)はアカネ科ヤエムグラ属の多年草である。
北方領土を含む北海道から四国にかけて分布し、亜高山の林の中や草地などに生える。
海外では、サハリンや千島列島にも分布する。
草丈は15センチから40センチくらいである。
茎の断面は四角形である。
葉は楕円形で、4枚ずつ輪生する。
葉は長さが2センチから5センチくらいあり、3本の葉脈がよく目立つ。
葉には柄はなく、葉の縁と両面の脈上には硬い毛が生える。
開花時期は6月から8月である。
茎先や葉の脇から集散花序(最初の花が枝先につき、その下に次々と側枝を出して花がつく)を出し、花径3ミリくらいの黄白色の花を疎らにつける。
花冠は杯状で、先が4つに裂けて鋭く尖る。
雄しべは4本である。
花の後にできる実は球形の分果(複数の子房からできた果実)で、長い鉤状の毛が生える。
「葎」は雑草の総称である。
和名は「4枚の大きな葉をつけた草」という意味になる。
属名の Galium はギリシャ語で「gala(乳)」から出た言葉である。チーズを作る際に牛乳を凝固させるのに使うことから名づけられた。
種小名の kamtschaticum は「カムチャツカの」という意味である。
変種名の acutifolium は「葉の先の尖った」という意味である。
写真は7月に尾瀬で撮った。
学名:Galium kamtschaticum var. acutifolium

★葉っぱから強い霊気が漂えば
 記憶の襞に深く刻まれ

オオバノヨツバムグラ070707a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/09/06改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/988

このブログ記事について

このページは、が2010年7月15日 18:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「鉄砲百合(テッポウユリ)」です。

次のブログ記事は「未央柳(ビヨウヤナギ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7