姫著莪(ヒメシャガ)

| トラックバック(0)

ヒメシャガ100515a-l.jpg

姫著莪(ヒメシャガ)はアヤメ科アヤメ属の多年草である。
日本固有種である。
北海道の南西部から九州北部にかけて分布し、山地の林の中や道端などに生える。
また、観賞用として寺院などに植えられる。
著莪(シャガ)に全体が似ており、それを小形にした感じというのが名の由来である。
環境省のレッドリスト(2007)では、「現時点では絶滅危険度は小さいが、生息条件の変化によっては『絶滅危惧』に移行する可能性のある種」である準絶滅危惧(NT)に登録されている。
草丈は20センチから30センチくらいである。
根際から生える葉は線形である。
冬には枯れることと艶がないことが特徴である。
開花時期は4月から6月である。
茎先に花径4センチくらいの淡い紫色をした花を2、3輪つける。
花被片は6枚で、花の色は著莪(シャガ)よりも濃い。
外花被片には黄色い斑紋があり、「とさか状」の突起がある。
また、著莪(シャガ)は実ができないが、本種はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)ができる。
なお、園芸品種には白花や八重咲きのものもある。
属名の Iris はギリシャ語で虹を意味する。
種小名の gracilipes は「gracilis(細い)+pes(足)」からきている。足は花茎を指している。
写真は5月につくば植物園で撮った。
白花は5月に神代植物公園の野草展(東京山草会)で撮った。
学名:Iris gracilipes

★少しだけお澄ましをしていいかしら
 姫射干が咲く空澄み渡り

ヒメシャガ100515b-l.jpg

ヒメシャガ・白花090503a-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/06/14改訂

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://kyonohana.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/715

このブログ記事について

このページは、が2010年5月28日 05:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「丁子草(チョウジソウ)」です。

次のブログ記事は「西洋都草(セイヨウミヤコグサ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7