白山吹(シロヤマブキ)

シロヤマブキ100429a-l.jpg

白山吹(シロヤマブキ)はバラ科シロヤマブキ属の落葉低木である。
本州の岡山県と広島県に分布し、山地に稀に生える。
観賞用として庭や公園に植えられることが多い。
海外では、朝鮮半島や中国にも分布する。
大陸と日本がほぼ陸続きであった氷河時代に日本にも分布した植物の1つと考えられている。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
1種1属である。
山吹(ヤマブキ)のように見えるところからつけられた名前だが、山吹(ヤマブキ)が5弁花であるのに対して白山吹(シロヤマブキ)は4弁花である。
樹高は1メートルから2メートルである。
葉は楕円形で、バラ科にはめずらしく向かい合って生える(対生)。
開花時期は4月から5月である。
枝先に3、4センチの白い花を1輪ずつつける。
秋に楕円形の小さな黒いそう果(熟しても裂開せず、種子は1つで全体が種子のように見えるもの)が4つなる。
花言葉は「気品」「薄情」である。
属名の Rhodotypos はギリシャ語の「rhodon(バラ)+typos(形)」からきている。一輪咲きのバラに似ているということから名づけられた。
種小名の scandens は「よじ登る性質の」という意味である。
写真は4月に神代植物公園で撮った。
学名:Rhodotypos scandens

★柔らかな葉陰に一つぽっつりと
 白山吹が春を知らせて
☆輝いて白山吹きが花咲かす
 春の訪れ木々も喜び

シロヤマブキ100429b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/11/11改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月30日 05:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「奈良八重桜(ナラヤエザクラ)」です。

次のブログ記事は「菊桜(キクザクラ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0