常磐満作(トキワマンサク)

トキワマンサク090419c-l.jpg

常磐満作(トキワマンサク)はマンサク科トキワマンサク属の常緑小高木である。
原産地は中国南部からインド東北部にかけた地域である。
庭木として植えられることが多いが、日本での自生地は熊本、三重、静岡の3か所に限られるという。
環境省のレッドリスト(2007)では、「IA類ほどではないが、近い将来における絶滅の危険性が高い種」である絶滅危惧IB類(EN)に登録されている。
樹高は5メートルから6メートルくらいになる。
小枝、花序、葉の裏面の脈上などに毛が生えている。
葉は長さは2センチから6センチくらいの卵形で、互い違いに生える(互生)。
開花時期は4月から5月である。
枝先に黄緑色を帯びた白っぽい花が6個から8個集まってつく。
花びらは4枚で、細長いひも状をしている。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
花びらの赤いものもあり、紅花常盤満作(ベニバナトキワマンサク)という。
属名の Loropetalum はギリシャ語の「loron(革紐)+petalon(花弁)」からきている。
種小名の chinense は「中国の」という意味である。
写真は4月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Loropetalum chinense

★満作の不思議な姿そのままに
 さりげなく咲く常磐満作

トキワマンサク090419b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/10/27改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月24日 08:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「八重紅彼岸(ヤエベニヒガン)」です。

次のブログ記事は「雛罌粟(ヒナゲシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0