筑波金紋草(ツクバキンモンソウ)

ツクバキンモンソウ100418a-l.jpg

筑波金紋草(ツクバキンモンソウ)はシソ科キランソウ属の多年草である。
日本固有種である。
本州の宮城県から和歌山県にかけての太平洋側と四国に分布し、山地の林の中に生える。
分類上は、主に日本海側に生える錦衣(ニシキゴロモ)の変種とされている。
草丈は10センチから15センチくらいである。
葉は長い楕円形で、向かい合って生える(対生)。
葉脈に沿って紫色の斑が入るのが特徴である。
葉の裏面は紫色である。
開花時期は4月から5月である。
葉の脇に花径1センチくらいの唇形をした淡い紫色の花をつける。
上唇がごく短いのが特徴である。
花の後にできる実は分果(複数の子房からできた果実)で、4つのブロックからなる。
「金紋草」は錦衣(ニシキゴロモ)の別名であり、筑波山で最初に見つかったのが和名の由来である。
属名の Ajuga はギリシャ語の「a(無)+jugos(束縛)」からきている。花冠の形状を表したものである。
種小名の yesoensis は「北海道の」という意味である。
変種名の tsukubana は「筑波山の」という意味である。
写真は4月につくば植物園で撮った。
学名:Ajuga yesoensis var. tsukubana

★少しだけ仲間と違った花が咲く
 葉っぱも見てね模様が自慢

ツクバキンモンソウ100418b-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/10/25改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このブログ記事について

このページは、が2010年4月23日 05:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「十二単(ジュウニヒトエ)」です。

次のブログ記事は「日暮(ヒグラシ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0