山梨(ヤマナシ)

ヤマナシ100403a-l.jpg

山梨の蘂ひき立てる肌白さ

山梨(ヤマナシ)はバラ科ナシ属の落葉高木である。
本州から九州にかけて分布し、山地帯のやや湿ったところに生える。
海外では、朝鮮半島、中国にも分布する。
栽培種の梨(ナシ)の原種だと言われる。
樹高は5から15メートルくらいになる。
葉は短い枝では束になって生え(束生)、長い枝では互い違いに生える(互生)。
葉の形は卵形で、先は尖り、縁は先のほうに細かなぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は4、5月である。
雌雄同株である。
短い枝の先に散房花序(柄のある花がたくさんつき、下部の花ほど柄が長いので花序の上部がほぼ平らになる)をつける。
花の色は白く、花径は3センチくらいで、花びらは5枚である。
1つの花序に5輪から10輪の花をつける。
秋には梨(ナシ)を小さくとたような直径3、4センチの実がなる。
渋くて生食には向かない。
果実酒にすると、香りもあり美味しい。
俳句では「山梨の花」が春の季語、「山梨の実」が秋の季語である。
属名の Pyrus はラテン語でナシの木の古典名である。
種小名の pyrifolia は「ナシ属のような葉の」という意味である。
花の写真は4月に小石川植物園で撮った。
実の写真は9月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Pyrus pyrifolia

★見上げれば梢についた実が見える
 これが山梨賢治の世界

ヤマナシ090904b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2010年4月11日 07:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「一葉(イチヨウ)」です。

次のブログ記事は「永源寺(エイゲンジ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0