万両(マンリョウ)

マンリョウ071124b-l.jpg

万両は骨の髄まで朱に染めて

万両(マンリョウ)はヤブコウジ科ヤブコウジ属の常緑小低木である。
本州の関東地方から沖縄にかけて分布し、山地の林の中に生える。
また、観賞用として植栽される。
海外では、朝鮮、中国、台湾、インドシナ、インド、マレーシアなどにも分布する。
お正月の縁起物として、盆栽や切り花によく使われる。
樹高は30センチから100センチくらいである。
葉は長い楕円形で、互い違いに生える(互生)。
葉の縁には波状のぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は6、7月である。
白い小さな花が散状につく。
熟果期は11月から3月である。
晩秋に核果(水分を多く含み中に種が1つある)が赤く熟し、翌春まで木についている。
実の色は普通は赤いが、栽培品種には白や黄色のものもある。
よく似た千両(センリョウ)は実を枝先に上向きにつける。
俳句の季語は冬である。
花言葉は「固い誓い、慶祝」である。
属名の Ardisia はギリシャ語の「ardis(鎗先)」からきている。雄しべ葯の形が似ていることから名づけられた。
種小名の crenata は「円鋸歯状の」という意味である。
写真は11月に向島百花園で撮った。
花の写真は6月に富山県中央植物園で撮った。
学名:Ardisia crenata

★万両は骨の髄まで朱に染めて
 誰を待つやら冬陽を浴びて
☆万両の紅の実は鈴なり重たげに
 冬の陽射しも微笑むように
?

マンリョウ071124c-l.jpgマンリョウ070603b-l.jpg

COPYRIGHT © 2013 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2013/12/22改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル




このブログ記事について

このページは、が2010年1月 2日 10:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雲南黄梅(ウンナンオウバイ)」です。

次のブログ記事は「素心蝋梅(ソシンロウバイ)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7