バンクシア・インテグリフォリア

バンクシア・インテグリフォリア100111b-l.jpg バンクシア・インテグリフォリアはヤマモガシ科バンクシア属の常緑高木である。
オーストラリアの東部に分布し、沿岸地域の斜面に生える。
英名はコースト・バンクシア(coast banksia)である。
樹高は5メートルから15メートルくらいである。
葉は長い倒卵形で、つけ根の部分は細くなる。
葉の質は革質で、表面は濃い緑色、裏面は灰白色である。
葉の縁にぎざぎざ(鋸歯)はない。
日本での開花時期は1月から2月である。
原産地では周年開花をする。
長さが10センチから15センチある円筒形の穂状花序(柄のない花が花茎に均等につく)を出し、淡い黄色の花をつける。
ブラシのような筒の部分は、数百から数千の花の集合体である。
長く飛び出しているのは花柱(雌しべの一部で柱頭と子房とをつなぐ部分)である。
花被片が4枚あり、それぞれに雄しべが1本ずつつく。
花の後にできる実は木質の袋果(熟すと果皮が自然に裂けて種子を放出する)である。
属名の Banksia はイギリスの植物学者「バンクス(J. Banks)さん」の名からきている。
種小名の integrifolia は「全縁の葉の」という意味である。
バンクシアの仲間の葉はぎざぎざ(鋸歯)のあるものが多く、本種は少数派である。
写真は1月につくば植物園で撮った。
学名:Banksia integrifolia

★いろいろな仲間がいるねバンクシア
 ちょっと素敵な黄色いブラシ
 

バンクシア・インテグリフォリア100111c-l.jpg

COPYRIGHT © 2012 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2012/02/14改訂

植物図鑑

花図鑑



味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


このブログ記事について

このページは、が2010年1月18日 18:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バンダ・コエルレア」です。

次のブログ記事は「カメリア・ロサエフロラ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0