茶色の花の最近のブログ記事

竹蕙蘭(チケイラン)

チケイラン081207a-l.jpg竹蕙蘭(チケイラン)はラン科クモキリソウ属の多年草である。
四国の南部、九州の南部、沖縄に分布し、樹幹や岩上に生える着生種である。
海外では、台湾、中国の南西部、フィリピン、ベトナム、ヒマラヤ、インドのアッサム地方などにも分布する。
学名のリパリス・ブータネンシスで表示するものもある。
環境省のレッドリスト(2007)では、「絶滅の危険が増大している種」である絶滅危惧II類(VU)に登録されている。
草丈は10センチから20センチである。
葉は細長い卵形である。
開花時期は10月から1月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、淡い緑褐色の花を数輪つける。
花径は2センチに満たない。
属名の Liparis はギリシャ語の「liparos(輝く)」からきている。滑らかで艶のある葉を持つことから名づけられた。
種小名の bootanensis は「ブータンの」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Liparis bootanensis

★日本にも咲く場があるとやっと知り
 謎が解けたぞブータネンシス

チケイラン081207b-l.jpg

チケイラン081207c-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ブルボフィルム・トラキアンツム081207a-l.jpgブルボフィルム・トラキアンツムはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の常緑多年草である。
ニューギニア島、ソロモン諸島、フィージー、サモアなどに分布する着生種である。
草丈は10センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)である。
開花時期は冬である。
花径は7センチくらいあり細長く、花の色は茶系である。
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の trachyanthum は「ざらざらした花の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum trachyanthum

★細長い花の姿が面白く
 うまく合えよとレンズにとらえ

ブルボフィルム・トラキアンツム081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


プテロスティリス・オフィオグロッサ081207a-l.jpgプテロスティリス・オフィオグロッサはラン科プテロスティリス属の多年草である。
オーストラリア、ニューカレドニア島に分布する地生種である。
草丈は10センチから25センチくらいである。
葉は卵形でロゼット状となる。
開花時期は12月から3月である。
花の色は褐色である。
属名の Pterostylis はギリシャ語の「 pteron(翼のある)+stylos(柱)」からきている。
種小名の ophioglossa は「蛇の舌」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Pterostylis ophioglossa

★この花は天南星にそっくりだ
 いろいろあるねランの花にも

プテロスティリス・オフィオグロッサ081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


ブルボフィルム・レムニスカトイデス081207b-l.jpgブルボフィルム・レムニスカトイデスはラン科マメヅタラン属(ブルボフィルム属)の多年草である。
原産地はジャワ、スマトラ、タイ、ベトナムで、標高1500メートルくらいの地域に生育する着生種である。
ブルボフィルム属(Bulbophyllum)は東南アジアに広く分布し、約2000種の原種があるという。
属名は「バルボフィラム属」とする場合もある。
日本にも豆蔦蘭(マメヅタラン)などが自生し、和名を「マメヅタラン属」という。
草丈は25センチくらいである。
葉は長さは10センチくらいの披針形である。
開花時期は冬である。
花は花径3ミリくらいの小輪で、セピア色をしている。
20?30輪が房咲きをする。
花には毛のような突起がある
属名の Bulbophyllum はギリシャ語の「bulbos(鱗茎)+phyllon(葉)」からきている。鱗茎から葉が出ていることから名づけられた。
種小名の lemniscatoides は「リボンで飾ったような」という意味である。
写真は11月につくば植物園で撮った。
学名:Bulbophyllum lemniscatoides

★個性とはかくなるものと肯きつ
 房咲きをする姿見つめて

ブルボフィルム・レムニスカトイデス081207a-l.jpg

COPYRIGHT © 2011 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル


デンドロビウム・フィニステラエ091219a-l.jpg

デンドロビウム・フィニステラエはラン科セッコク属(デンドロビウム属)の常緑多年草である。
デンドロビウム属は東南アジアやオーストラリアなどに1200種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は英語風にデンドロビューム属とするものもある。
日本にも石斛(セッコク)などが分布し、属名の和名をセッコク属という。
本種の原産地はニューギニア島である。
標高1300メートルから2100メートルの地域に生える着生種である。
草丈は30センチくらいである。
葉は卵形で大きい。
開花時期は冬から夏である。
茎先に花径4センチくらいの黄色の花を数輪つける。
萼片の内側は黄色く、外側には赤褐色の斑が入り長い毛が生える。
側花弁は黄色く、ねじれている。
唇弁には赤褐色の斑が入る。
属名の Dendrobium はギリシャ語の「dendron(樹)+ bios(着生)」からきている。
種小名の finisterrae は「地の果ての」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Dendrobium finisterrae

★色合いは濁った黄色で地味だけど
 斑や長い毛がアクセント添え

デンドロビウム・フィニステラエ091219b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/30改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

デンドロビウム・ビコーダツム091219a-l.jpg

デンドロビウム・ビカウダツムはラン科セッコク属(デンドロビウム属)の常緑多年草である。
デンドロビウム属は東南アジアやオーストラリアなどに1200種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は英語風にデンドロビューム属とするものもある。
日本にも石斛(セッコク)などが分布し、属名の和名をセッコク属という。
本種はインドネシアのスラウェシ島、モルッカ諸島に分布し、標高1000メートルまでの岩の上に生える着生種である。
草丈は30センチから40センチである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で分厚い。
開花時期は秋から冬である。
花径5センチくらいの琥珀色をした花をつける。
唇弁は白に赤い斑が入る。
花の香りはしない。
属名の Dendrobium はギリシャ語の「dendron(樹)+ bios(着生)」からきている。
種小名の bicaudatum は「2つの尾のある」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Dendrobium bicaudatum

★色淡き花の姿が軟らかく
 心も和む冬の温室

デンドロビウム・ビコーダツム091219e-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/05/29改訂

植物図鑑

ミラーサイト


味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

デンドロビウム・ディスコロル091219a-l.jpg

デンドロビウム・ディスコロルはラン科セッコク属(デンドロビウム属)の常緑多年草である。
デンドロビウム属は東南アジアやオーストラリアなどに1200種くらい分布する着生種である。
属名の読み方は英語風にデンドロビューム属とするものもある。
日本にも石斛(セッコク)などが分布し、属名の和名をセッコク属という。
本種の原産地はニューギニア島とオーストラリアのクイーンズランド州である。
標高500メートルくらいまでの海岸近い崖などに生える。
草丈は40センチから100センチくらいである。
葉は披針形(笹の葉のような形)で分厚く、互い違いに生える(互生)。
開花時期は冬から春である。
葉の脇から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、花径3センチから7センチくらいの濁った黄褐色をした花をたくさんつける。
萼片と側花弁は波打ってねじれている。
属名の Dendrobium はギリシャ語の「dendron(樹)+ bios(着生)」からきている。
種小名の discolor は「2色の」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Dendrobium discolor

★唇弁にピンクの筋がないけれど
 ディスコロルの由来は耳かな

デンドロビウム・ディスコロル091219b-l.jpg

COPYRIGHT © 2016 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2016/03/01改訂

植物図鑑

花図鑑

ミラーサイト

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



パフィオペディルム・ハイナルディアヌム090823a-l.jpg

パフィオペディルム・ハイナルディアヌムはラン科トキワラン属(パフィオペディルム属)の多年草である。
パフィオペディルム属は熱帯アジアを中心に80種くらい分布する地生種ないし半着生種である。
代表種のパフィオペディルム・インシグネ(Paphiopedilum insigne)を和名で常盤蘭(トキワラン)というので、属名の和名をトキワラン属という。
本種の原産地はフィリピンのルソン島、ネグロス島である。
低地から標高1400メートルの石灰岩地や蛇紋岩地に分布する地生種である。
草丈は30センチから70センチくらいである。
葉は長い楕円形である。
開花時期は冬から春で、茎先に数輪の花をつける。
花径は10センチから15センチくらいで、黄緑色の地に褐色の斑点が入る。
側花弁は水平に伸びる。
属名の Paphiopedilum はギリシャ語の「Paphos(ビーナスの異名)+pedilon(サンダル)」からきている。
種小名の haynaldianum は植物学に造詣の深かったハンガリー人の聖職者「ハイナルド(Haynald Lajos, 1816-1891)さんの」という意味である。
写真は8月につくば植物園で撮った。
学名:Paphiopedilum haynaldianum

★面白い形にいつもびっくりだ
 楽しくなるねパフィオの仲間

パフィオペディルム・ハイナルディアヌム090823c-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2015/04/26改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



パフィオペディルム・インシグネ・アルボマギナツム081207a-l.jpg

パフィオペディルム・インシグネラン科トキワラン属(パフィオペディルム属)の多年草である。
パフィオペディルム属は熱帯アジアを中心に80種くらい分布する地生種ないし半着生種である。
パフィオペディルム・インシグネが代表種で和名を常盤蘭(トキワラン)といい、属名の和名もトキワラン属という。
アルボマギナツムはその変種である。
基本種との違いは白い縁取りが入ることである。
ただし、撮影地では変種として扱っていたが、微細な違いなので基本種のシノニムとして区別されないことが多い。
基本種の原産地はヒマラヤ、バングラディッシュ、インドなどである。
標高1000メートルから2000メートルの石灰岩地帯に分布し、岩の上に生える地生種である。
草丈は20センチから30センチである。
葉は葉は細長い楕円形である。
開花時期は11月から2月くらいである。
花径8センチから10センチくらい黄緑色の花を1輪ずつつける。
背萼片には赤褐色の斑点が入る。
唇弁は黄褐色である。
属名の Paphiopedilum はギリシャ語の「Paphos(ビーナスの異名)+pedilon(サンダル)」からきている。
種小名の insigne は「素晴らしい」という意味である。
変種名の albo-maginatum は「白い縁取りのある」という意味である。
写真は12月につくば植物園で撮った。
学名:Paphiopedilum insigne albo-maginatum

★縁取りの白さが花を引き立てる
 清楚に咲けばムードも変わり

パフィオペディルム・インシグネ・アルボマギナツム081207b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2015/01/30改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



キバナシュスラン091004a-l.jpg

黄花繻子蘭(キバナシュスラン)はラン科キバナシュスラン属(アネクトキルス属)の常緑多年草である。
アネクトキルス属はヒマラヤ、スリランカ、東南アジア、南太平洋などに50種くらい分布する地生種である。
日本にも本種などが分布し、属名の和名もキバナシュスラン属という。
本種は沖縄県八重山諸島の石垣島、西表島に分布し、山地の林の中に生える。
海外では、台湾にも分布する。
環境省のレッドデータリスト(2012)では、「ごく近い将来における絶滅の危険性が極めて高い種」である絶滅危惧IA類(CR)に登録されている。
草丈は20センチくらいである。
茎は匍匐し、先で直立する。
葉は広めの卵形で、3枚から4枚が互い違いに生える(互生)。
葉の表面は暗い紫色を帯び、白ないし淡い黄色の網目模様が入る。
開花時期は12月から1月である。
茎先に総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、3つから5つくらいの花を疎らにつける。
蕚片は赤褐色、花弁は白である。
花弁のうちの唇弁は白く、先は2つに裂けてY字形となる。
つけ根から中央にかけて5対から7対の黄色い糸状突起がある。
なお、「繻子」というのは織物の1つで、経糸または緯糸のみが表に表れているように見える特徴がある。
属名の Anoectochilus はギリシャ語の「aniktos(開く)+cheilos(唇)」からきている。
種小名の formosanus は「台湾の」という意味である。
写真は10月につくば植物園の絶滅危惧植物展で撮った。
学名:Anoectochilus formosanus

★自生地は南の島の山の上
 結構寒いと黄花繻子蘭
☆寒いからちょっとふわふわ毛も生やし
 咲いてみたのよ蝶を見立てて

キバナシュスラン091004b-l.jpg

キバナシュスラン101002a-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED
2014/10/09改訂

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち茶色の花カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは赤い実です。

次のカテゴリは茶色の実です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7