ゴマ科の最近のブログ記事

ケラトテカ・バイオレット

ケラトテカ・バイオレット140923a-l.jpg

ケラトテカ・トリロバゴマ科ケラトテカ属の一年草である。
ケラトテカ属は熱帯地方や南アフリカに5種くらいが分布する。
属名の読み方は、園芸的には英語風にセラトテカとすることが多い。
ケラトテカ・トリロバの原産地は南アフリカである。
英名はワイルドフォックスグローブ(wild foxglove)という。
フォックスグローブは狐の手袋(キツネノテブクロ)のことである。
原種の花の色は白いが藤色のものもあり、園芸品種名をバイオレットという。
草丈は120センチから150センチくらいである。
葉は柔らかく、3つに深く裂ける。
葉の縁には不規則なぎざぎざ(鋸歯)がある。
開花時期は7月から10月くらいである。
茎先から総状花序(柄のある花が花茎に均等につく)を出し、紫色をした筒状の花をつける。
花は下から上へと咲き上る。
花径は4センチくらいで先は5つに裂け、裂けた花冠の先の一方が舌状に長く伸びる。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)で、2つの角がある。
属名の Ceratotheca はギリシア語の「ceras(角)+theke (ケース)」からきている。実の形から名づけられたものである。
種小名の triloba は「3片の」という意味である。
園芸品種名の Violet は「すみれ色の」という意味である。
写真は9月に神奈川県立フラワーセンター大船植物園で撮った。
学名:Ceratotheca triloba 'Violet'

★花の色少し変われば雰囲気も
 違って見えるどこか高貴で

ケラトテカ・バイオレット140923b-l.jpg

COPYRIGHT © 2015 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちゴマ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはゴマノハグサ科です。

次のカテゴリはサトイモ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7