キツネノマゴ科の最近のブログ記事

ルエリア・グラキザンス・アルビフロラ141030a-l.jpg

ルエリア・グラエキザンスキツネノマゴ科ルイラソウ属(ルエリア属)の多年草である。
属名の読み方はリュエリアとするものもある。
ルエリア属はアメリカ大陸の熱帯地域などに250種くらいが分布する。
同属のルエリア・レペンス(Ruellia repens)の和名をルイラ草(ルイラソウ)といい、属名の和名もルイラソウ属という。
この和名の由来は属名のルエリアの転訛したものだという
ルエリア・グラエキザンスの原産地は南アメリカである。
この花の色は赤い。
アルビフロラはその園芸品種である。
花の色は白ないしクリーム色である。
草丈は30センチから60センチくらいである。
よく枝分かれをする。
葉は卵形で、互い違いに生える(互生)。
葉の先は細く尖り、艶がある。
開花時期は5月から9月くらいである。
温度さえあれば周年開花をする。
葉の脇から花茎を伸ばし、白ないしクリーム色をした筒状の花をつける。
花冠は長さが2センチから3センチである。
花の後にできる実はさく果(熟すると下部が裂け、種子が散布される果実)である。
属名の Ruellia はフランス人の医師で植物学者の「リュエル(Jean Ruelle, 1474-1537)さん」の名からきている。
種小名の graecizans の意味はまだ解明できていない。
園芸品種名の Albiflora は「白い花の」という意味である。
写真は10月に京都府立植物園で撮った。
学名:Ruellia graecizans 'Albiflora'

★白の名をもらったけれど黄色いね
 白く咲くときあるみたいだが

ルエリア・グラキザンス・アルビフロラ141030b-l.jpg

COPYRIGHT © 2014 龍&華凛 ALL RIGHTS RESERVED

植物図鑑

花図鑑

味の麺匠戸田久おこめの鬼平フロム蔵王花の本屋さん楽天トラベル



このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちキツネノマゴ科カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはガウラです。

次のカテゴリはキョウチクトウ科です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.7